事業紹介

自動車部品等の外観検査装置

概要

近年自動車部品業界を始めとする各業界に於いて、部品の全数外観検査の需要が増えて来ております。
弊社に於いては、お客様の各種ワーク要望に合わせた装置のシステムUPに取り組ませて頂いております。

取り組みの「特徴」として (1)外観検査難易度の高いテーマにも対応させて頂いております。
(2)基本的には高速検査の装置提案に自信を持たせて頂いています。
(3)要望によりインライン検査システムの取り組みもさせて頂いております。

ご気軽に問い合わせ賜れば幸いに存じます。

全周&上下面自動車部品検査装置
全周&上下面自動車部品検査装置

特徴

微小ピン外観検査装置(円筒・シャフト)

円筒ワークの高速検査を可能にしたS字型搬送技術

1,000本/分以上も可能なノンストップ機構。
両端面専用レンズを用いて全周囲をカバー。
リベット、ボルト等の鍔付きワークにも適応。
適応ワークサイズ:0.5Φ~30Φ/2.0~50.0mm
(上記適応ワークサイズより大きくても対応可能)

微小ピン外観検査装置 (円筒・シャフト)
微小ピン外観検査装置 (円筒・シャフト)
微小ピン外観検査装置 (円筒・シャフト)
高速自動車部品検査装置(PAT)
高速自動車部品検査装置(PAT)

円錐ワーク外観検査装置

砲弾型等の異形なワークの全周検査

縦型インデックスにて両端面検査。
・カメラ数:2台+1台(テーパー部用)
水平S字インデックスにて側面検査
・カメラ数:6台+専用正反射照明
タクト:300個/min
オプション:カップコンベア、ケースストッカー等

プッシュロッド外観検査装置
プッシュロッド外観検査装置

薄型円筒ワーク外観検査装置

水平インデックスを用いた全周検査

2枚の水平インデックスでの受渡しにて、表裏面検査、全側面検査、異形ワーク、多面検査に最適。
浮上リニアフィーダーを搭載し、高速検査を実現。
専用吸着パッドにて安定したワーク姿勢を維持。
ワーク停止による複数回撮像可能(照明切替可能)。
タクト:300個/min

薄型円筒ワーク外観検査装置
薄型円筒ワーク外観検査装置

薄型ブッシュ外観検査装置

ワーク2回転による照明切替

全周側面検査+上下面検査
1回転目A照明、2回点目B照明に切替。
高速ピック&プレース採用。
専用吸着治具にて安定したワーク姿勢。
タクト:300個/min

薄型ブッシュ外観検査装置
薄型ブッシュ外観検査装置
薄型ブッシュ外観検査装置

内面バリキズ外観検査装置

ナット・ブッシュ等の微少な内面バリ・キズを検査

複数台のカメラを用いて、円筒ワークの外周及び内周のバリを回転無しで、自動検査撮影。
通常撮影では検出不可能な微少バリを検出可能とした投影術。
タクト:90個/min
画素分解能:11.5μm

内面バリキズ外観検査装置
内面バリキズ外観検査装置

プッシュロッド外観検査装置

ロッドに纏わりついた研削小片検査

小型で低価格ながら高検出可能な検査機。
透過照明+ワーク回転にて纏わりついた
微細な切子を検出。
ワーク1本に対し、複数撮影可能。
タクト:15本/min

プッシュロッド外観検査装置
プッシュロッド外観検査装置